乳首の摩擦防止に何かやるべき?

  1. トップページ
  2. 乳首の摩擦防止に何かやるべき?
いつから?「20歳過ぎ」 28歳・女性

ワセリンを塗るといったことは初耳でやったことはありませんが、毎日ではないもののかゆいなと思った時はボディクリームを乳首に塗ることはあります。習慣になれば特に面倒くさくないかなと思いますし、それで治るのであれば多少の手間も仕方ないかなという感じです。

いつから?「30歳のころ」 35歳・女性

二人目の卒乳の後に、黒ずみや乾燥が気になり出したころ、ワセリンではなく、肌に使う保湿クリームを塗っていました。産院では赤ちゃんの口に入るかもしれないので、ワセリンが良いと言われていたのですが、それだけでは乾燥が治ることがなかったので、卒乳後に保湿クリームに変えたらよくなりました。確かに毎日となると面倒に思うかもしれないが、やっぱり乳首は気になるので、綺麗にしておきたいです。

いつから?「30歳頃」 40歳・女性

乳首の乾燥防止のために、ワセリンを使ったことがあります。しかし、直ぐにやめることになったんです。それは、やっぱりベトつきがひどく、耐えることができませんでした。そのため、その後は使っていません。

いつから?「30代後半から」 58才・女性

ワセリンを塗るのは、いいアイティアだと思います。私は乾燥がひどい時はボディクリームを塗ってました。風呂上りに塗っていたので面倒でもなく、不快感も無かったです。何か専用のクリームがあるのならば、それを使っていた思います。

いつから?「35歳頃」 40代・女性

とてもよく分かります。私も、アトピーの薬の後は、ワセリンを使用していました。アトピーのステロイド剤が良くない事は分かっていましたので、時期を見てワセリンに変えました。本当に痒いと、面倒、等と言っていられませんでした。

いつから?「30歳過ぎ(第一子を出産してから)」 40代・女性

何か塗ったり、ばんそうこうのようなものを貼ったりするのは毎日のことで少し面倒に感じます。なのでブラジャーにワンタッチでつけ外しできるクッションのようなものがあればいいなと思います。それに保湿成分が入っていると尚いいと思います。

いつから?「25歳すぎたとき」 29歳・女性

肌がそんなに強いわけではないので、あんまりべたつくようなものを塗りたいとは思いません。どうしても乳首に違和感がありそうだし、ブラジャーについてしまうのも嫌な感じがします。べたつかないサラッとしたものであれば使ってみたいと思います。

いつから?「20歳を過ぎてから」 20代・女性

毎日化粧水や乳液を乳首に塗っています。たまにシアバターなども塗っていますが、乳首の色には特に変化はありません。しかし、以前に比べて痒くなる頻度が極端に減りました。ただ、擦れ対策になる代わりに下着が汚れやすいのが難点です。

いつから?「32歳ぐらい」 30代半ば・女性

確実に原因だとわかっていれば、対策ケア用品を塗りたいと思います。その場合、健康面に影響はないのかなどが気になります。また、授乳中もケアが続けられるようなものなら嬉しいです。後はブラが汚れて、洗濯をしにくかったりすると嫌だなと思います。

いつから?「31歳のころ」 30代・女性

黒ずみが治るのなら毎日対策ケア商品を塗りたいとは思いますが。しかし塗った時の感触が悪かったり(べたつき感がある等)、塗った後に周辺が熱くなって痛みを伴う(または痒くなる)等の不快現象が現れるようだったら、乳首の状態が良くなると分かっていてもケア商品を塗りたいとは思いません。

このエントリーをはてなブックマークに追加